• peace

屋外防犯カメラの選び方

個人住宅、介護施設、カーショップ、工場、工事現場……様々な所で防犯カメラは活躍しています。数ある屋外防犯カメラの用途ですが、屋外防犯カメラを選ぶ場合、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。


・まずは、用途を考えること

 一番大事なのが、どういう用途で使うのかを考えることです。用途によって、防犯カメラに求められる機能が違いますし、同じ機能の防犯カメラでも、設置場所が異なってきます。

 防犯カメラによって守るものの規模、予算等を考えておきましょう。


・規模による違い

 防犯カメラによって監視する規模が小さいならば、防犯カメラを目立たせるのがオススメです。個人住宅の場合でしょうか。また、規模が大きくとも金目のものが少ない介護施設やマンションでもそうでしょう。


 防犯カメラを目立つ位置に設置して、防犯カメラ作動中の表示等を付け加えることで、防犯カメラの存在感を出します。すると、これから窃盗やイタズラ等をしようとしている人に威嚇効果が発生します。防犯設備が整っている所よりも、整っていない「薄い」所を狙おうとする心理が働くのです。


 では、監視する規模が大きな所。例えば、工場の銅スクラップやカーショップ、工事現場等ではどうでしょうか。

 こういった所は、一回に盗んだ場合の、物品の売価、つまり、窃盗犯の儲けが大きな所です。多少、リスクを冒しても侵入しますし、団体で計画的に犯行が行われる場合も多いです。そういった場合には、目立たない所にも、こっそりと監視カメラを置いておくと効果的です。

 カメラの死角から、障害物やマジックペンでの塗りつぶし等でレンズを塞がれる恐れがあるからです。


・予算による違い

 予算が多く取れるのであれば、防犯カメラの他にも赤外線センサーや、防犯セキュリティサービスへの加入などの対策が取れます。期間が短い場合には、セキュリティサービスのレンタルをやっている業者もあるので、それを利用することで、かえって安上がりになるかもしれません。

 一人暮らしで不安な場合等、予算が少ないのであれば、有効な場所に安いカメラを一つだけ設置したり、ダミーカメラで威嚇のみを行ったりするとよいでしょう。

 また、当然ながら、予算に関係無く、防滴、防水機能があるものを選びましょう。屋外に設置するのであれば、どういう状況でも雨に打たれてしまいます。


 規模や予算によって防犯カメラを選び、それにあった設置方法をすることで、防犯カメラの性能を引き出せ、コストパフォーマンスが高くなります。屋外防犯カメラの購入前に、是非、やってみてください。

↓詳細はこちらをクリックして下さい↓




0120-672-575

​お電話によるご相談はこちら

年中無休365日営業 受付時間 午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.