• y-ishibashi

防犯カメラの必要性

昨今、防犯カメラ見かけないことはあまりないかと思いますが、いまだに導入されていないオフィスや工場などもございます。


今回はこれから防犯カメラの導入をお考えの法人様向けに、防犯カメラの必要性をお伝えできればと思います。


オフィス等は重要な情報やモノが溢れています。

基本的に重要な物や現金等は厳重に保管・管理されているはずですが、日常業務で扱う書類や資料、PC、記憶装置などが持ち出されるといったリスクは、どんなオフィスにも必ず存在します。

重要なのは、オフィスは不特定多数の人が出入りする場所であり、情報が集約される場所だという意識を持つことです。

防犯カメラは、そんなビル内やオフィス内を監視し、記録することができる道具です。

例えば、情報漏洩の多くが内部によるミスや犯行が6割以上とされておりますが、仮にカメラが1台も設置されていなかったとしたら、機密情報や個人情報、顧客名簿などが持ち出されるような事態に遭遇したとき、その会社では起きたことの状況を確認することも、証拠を残すこともできないというリスクがございます。

そのような最悪の事態を避けるためにもカメラの設置は必要です。


また、犯行の抑止にも一役を担っております。

防犯カメラがある事で、犯行がバレるのではないかという不安感を与えることができ、犯行をさせないという一定の効果もございます。


以上の事からも、まだ導入されていない企業様も防犯カメラ設置の必要性があると考えられます。


↓オフィスの防犯カメラ詳細はこちら↓



0120-672-575

​お電話によるご相談はこちら

年中無休365日営業 受付時間 午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.