0120-672-575

​お電話によるご相談はこちら

年中無休365日営業 受付時間 午前9:00~午後21:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.

​ > 防犯カメラの種類いろいろ

防犯カメラの種類

一口に防犯カメラといっても様々な性能を持っており、その形状も多種多様に存在します。屋内向き、屋外向きなど設置目的・設置場所に合わせて必要な機能を持ったカメラを選びましょう。

防犯カメラの種類 「形状」

レンズ・筐体が一体型の砲弾型をしたカメラ。カメラの存在が際立つため、不審者に対し心理的な牽制効果が高く、犯罪行為を抑止する効果が期待できます。屋外での使用がメインとなるため、特徴としては夜間撮影も可能な赤外線照射機能や雨などに濡れても大丈夫な防水機能が備わっています。

バレットカメラ

透明な半球状のケースで覆われたカメラ。主に天井に取り付けるもので屋内で利用されることが多いです。一般的なカメラと比べ、ドーム型カメラは威圧感が少なく外観を壊されにくいのがメリットです。

ドーム型カメラ

パン(カメラの画角を水平方向に移動させる制御)・チルト(カメラの画角を垂直方向に移動させる制御)・ズーム(画角を拡大及び縮小して表示させる制御)を離れた場所から操作することが出来るカメラ。形状はドーム型が多く、1台で広範囲を確認することができます。特に、リアルタイムな状況を離れた場所から確認したい人におススメです。

PTZカメラ

ボックス型はその名の通り箱型で存在感があります。通常レンズは別売りでレンズによって画角を調整します。一昔前はこのカメラが主流で屋外にも屋外用のハウジングに収納して設置していました。今ではコンビニや書店などの一部店舗などでしか目にしなくなりました。

BOX型カメラ

ピンホールカメラは針孔ほどのレンズを使用したカメラである。小型カメラやスパイカメラとも呼ばれます。天井や壁の中、他の物に埋め込むなどして設置できるため隠しカメラとしても利用されています。

ピンホールカメラ

擬態カメラは他の物に擬態したタイプのカメラで、監視カメラと悟られないように作られたカメラである。ペンやネクタイ、時計など様々な擬態カメラがあるが、主に使用が多いのは火災報知器型監視カメラである。

擬態カメラ

☆期間限定☆

実機を使用してデモを実施しています。実際の防犯カメラの映像をご確認いただけます。

防犯カメラ

​お電話によるご相談はこちら

0120-672-575

年中無休365日営業 受付時間 午前9:00~午後21:00